滋賀大学オーケストラ
プログラム あいさつ プロフィール 曲目解説
パート紹介 出演者 スタッフ
 
ホーム
第15回
第14回
第13回
第12回
第11回
第10回
第09回
第08回
第07回
第06回
第05回
第04回
第03回
第02回
第01回


曲目解説



 1809年、ヨーロッパ制覇を日指すフランス・ナポレオン軍は、「音楽の都」ウィーンに侵攻した。貴族の多くが逃げ惑う中で、ベートーヴェンはウィーン市民と運命を共にすることを決意し、弟カール家の地下室に身をひそめていた。名将カルル大公に指揮されたオーストリア軍は奮戦したものの敗れ、遂にナポレオンはウィーン入城を果たす。占領下の不自由な生活の中でもベートーヴェンは作曲を続けていたのだが、たまりかねた彼は、ある日、市内を我がもの顔で歩くフランス軍将校に向かってこぶしを振りあげ、「私が作曲法を知っているほどに戦術のことを知っていたなら、お前らに目にものを見せてやるのだが!」と叫んだといわれている。
 そんな状況下で、彼の5番目のピアノ協奏曲は完成された。一説によれば、この曲を聴いたフランス軍兵士が「皇帝だ!皇帝万歳!」と叫んだそうであるが、この曲の愛称の由来とは関係なく、後に出版関係者がその威風堂々たる曲の内容を「皇帯」と評したことが、現在に知られているところである。実際、「皇帝」という愛称は日本や英語圏の諸国以外では、ほとんど使われていない。
 ベートーヴェンの場合、自分の作品は自分自身で初演することが多かったのだが、この曲は例外で、初演はライプッィヒで行われたが参加できず、また、ウィーンでの初演は彼の弟子で「ピアノ教則本」で知られるツェルニーが独奏した。しかし、あまり評判がよくなく、彼の存命中は二度と演奏されることがなかった。

ピアノ協奏曲第5番変ホ長調作品73



 この曲はベートーヴェンの最後のピアノ協奏曲であり、きわめて完成度が高く、彼の、というより、全てのピアノ協奏曲の中における代表作といえる。
 特徴として、独奏ビアノのカデンツァを曲頭に採り入れたり、第2・第3楽章を続けて演奏したり、それまでは独奏者の即興にまかされていたカデンツァが作曲者自身によって克明に書き込まれているなど、当時としては革新的な内容になっている。

第1楽章 アレグロ

変ホ長調 4/4拍子 協奏曲風ソナタ形式


第2楽章 アダージョ・ウン・ポコ・モッソ

ロ短調 4/4拍子 自由な変奏曲形式

(休まず第3楽章ヘ)


第3楽章 ロンド・アレグロ

変ホ長調 6/8拍子 ロンド形式



 名ピアニストとして知られていたベートーヴェンが「皇帝」の初演を弟子に譲ったのは、彼が、その当時ほとんど耳が聞こえなくなってしまっていたためである。彼は聴力を取り戻すために様々な試みをするのだが、回復の兆しはまったくなかった。絶望した彼は、自らの死を予期して有名な「ハイリゲンシュタットの遺書」を書き残した(これは実に感動的ですので皆さんも一読してみてはいかかでしょうか)。結局、晩年の彼は完全に耳が聞こえなくなってしまった。「歓喜の歌」で知られる交響曲第9番の初演では次のようなエピソードが残されている。
 「耳が聞こえないのにベートーヴェンは指揮をすると言ってきかなかった。そして本物の指揮者が隠れて振っていることも知らずに、タクトを振りつづけた。最後の大合唱がひぴきわたり曲が終わっても、彼は演奏がすでに終わっていることや、場内のすさまじい拍手と歓声にも気づかず、演奏者の一人が彼を客席の方に向けて、やっと総立ちになった聴衆を見たのである。そんなあわれな大作曲家の姿に、場内はすすり泣く声となお一層の大拍手につつまれた。」
 「苦しみを克服して歓喜ヘ」という交響曲第5番のテーマには、それでも生を選んだベートーヴェンの強い意志を見いだすことができる。まさに彼は、自らの悲劇的な「運命」に立ち向かって、人類の創造した芸術の中で最高の傑作を完成したのである。

交響曲第5番八短調作品67



 ロマン・ローランのいう「傑作の森」を形づくる諸傑作の中でも中心的存在をなすこの曲は、単に交響曲の中で最も有名であるだけでなく、作曲学的見地からみても、もっとも完璧な作品であるといわれている。  特徴は、作曲者が弟子に「運命はこのように扉を叩く」と語った(といわれている)第1楽章冒頭に呈示される4つの音符が全曲にわたって現れることで全体の統一がはかられていることである。

第1楽章 アレグロ・コン・ブリオ

八短調 2/4拍子 ソナタ形式


第2楽章 アンダンテ・コン・モート

変イ長調 3/8拍子 変奏曲形式風のソナタ形式


第3楽章 アレグロ

八短調 3/4拍子 スケルツォとトリオ

(休まず第4楽章ヘ)


第4楽章 アレグロ

八長調 4/4拍子 ソナタ形式

(展開部でスケルツォを回想する)